行動分析学を使う

行動分析学を自己実現・セルフマネジメントに使う

自分の目的や理想の実現に向けて努力すること、活動することに行動科学を役立てることができます。

行動分析学はヒトの行動を予測し、制御することを意図していますので、上記のような「日常的な行動の悩みの解決」は得意分野なのです。もし自分自身だけでなく、クライアントや部下のパフォーマンスUPを支援したい場合にも、行動分析学の使い方を学んでおくことは、間違いなくあなたの役に立ちます。

自己実現講座

行動分析学を組織マネジメントに使う

「行動分析学」という行動の原理原則の科学の視点からアプローチし、組織に属する従業員が自ら望ましい行動をたくさんするような「環境」を職場に仕組みとして作り上げることで、組織を変えていく方法をお伝えいたします。

会社の「成果」は、従業員の「行動」の集積です。

継続的に望ましい行動を増やしていく、行動分析学で組織を変える一歩として、組織マネジメント講座をご活用いただければと思っています。

組織マネジメント講座

発達障碍者支援のためのABA研修・勉強会

行動アシストラボの行動分析学入門講座や基礎講座で、行動分析学の「理論」は「分析方法」は何となく分かってきた。でも、いざ支援の現場で使おうと思うと、戸惑いを感じたり、どうしたらいいか分からず以前のやり方に戻ってしまう。

問題は「ABAに基づいた支援をするための環境整備を踏まえた具体的な支援のレパートリー」にあると考えます。

そこで、行動アシストラボ研究員の堀越が、自分自身の経験を踏まえて、成功談や失敗談を皆さんに共有します。普段、彼が支援に取り組む中で、どのように悩み、工夫しているのか、実際の現場で起こることを知りにきてください。

発達障碍者支援ABA研修