みなさんこんにちは!
行動アシストラボの齊藤です^-^
8月12日(土)に開催された実践講座の開催報告です。

全6回のうちの第2回を開催しましたっ!!
今回のメニューはこちら。

1.前菜          宿題の確認  5分
2.魚料理      本日のABC分析 70分
(休憩 10分)
3.肉料理      シェイピング、プロンプト&フェイディングの体験型ワーク 50分
4.口直し      知識編復習とまとめ 5分
5.デザート  実生活とつなげるワーク 15分
6.コーヒー  カウンセラーになったつもりでABC分析  20分
(全180分フルコース)

今回もワークは大変面白かったですよ。個人的に楽しくて笑いが止まらなくてなんだかずっと笑っていた記憶しかありません(おそらく過言)。

ワークでは、シェイピング、プロンプト&フェイディング、それぞれを参加者同士でカウンセラー側とクライアント側とに分かれてやってもらうのですが、何が難しいって、頭で描いているイメージ通りにいかないことが面白いんです。
流れややり方はわかっていても、いざやってみると、強化の「タイミング」「頻度」のコントロールが案外難しいんです。
その時の参加者の心の声をちょっとだけお届けすると、

カウンセラー役「(ここのタイミングだ!)(`・∀・´)σ」
・・・ ピンポーン(好子)
クライアント「ヽ(´・∀・`)」
カ「Σ( ̄Д ̄ ) (なにぃ!強化したいのはそれじゃないよ!よし、次だ・・・)」
・・・ピンポーン
ク「ヽ(´・∀・`)」
カ「Σ(;゚ω゚ノ)ノ(それもちがーーーう!)」
※齊藤の読心術による翻訳です。
事実とは異なる可能性があります。

これは体験してみないとわからないことですね。まさに「机上の空論」で終わってしまいそうなものを実体験できるところが、このワークの醍醐味です。

さて次回は9月!
また楽しみです!!