書籍紹介

書籍紹介「リハビリテーションのための行動分析学入門」

書籍紹介「リハビリテーションのための行動分析学入門」です。行動アシストラボ研究員の藤井が担当します。

この書籍は行動分析学(以下ABA)の入門書ですが内容は「リハビリテーション分野」に特化しています。この書籍が対象としている読者層は理学療法士、作業療法士などの職種です。ただそれ以外の職種の方々にも十分わかりやすい「ABAの入門書」になっています。

今回は、あえて「リハビリテーション」以外の内容を紹介します。

続きを読む

書籍紹介「臨床行動分析のABC」

書籍紹介「臨床行動分析のABC」です。

著者はユーナス・ランメロ、ニコラス・トールネケ 監修松見淳子 監訳、武藤崇、米山直樹です。出版は日本評論社で初版が2009.1.20です。

行動アシストラボ研究員の堀越が担当します。

続きを読む

書籍紹介「子育てに活かすABAハンドブック~応用行動分析学の基礎からサポート・ネットワークづくりまで」

書籍紹介「子育てに活かすABAハンドブック~応用行動分析学の基礎からサポート・ネットワークづくりまで」です。行動アシストラボ研究員の堀越が担当します。

本書の監修は井上雅彦氏、著者は三田地真美・岡村章司氏の両名です。出版は日本文化科学社で初版が2009.1.30です。

続きを読む

産業図書「行動分析学入門」:行動分析学を学ぶならこの本は外せない

書籍紹介「行動分析学入門」です。今回は行動アシストラボ代表理事兼研究員の矢野が担当します。

今後、他にも色々な書籍を紹介していきますが、記念すべき最初の一冊はこれです。

産業図書から出版の「行動分析学入門」。行動分析学の教科書とも言うべき存在です。この本を紹介せずして、他にいくわけにはいきません。行動分析学を学ぶための本といえば…で最初に頭に浮かぶ一冊です。

続きを読む